本当に怖い歯周病の原因とその対策とは?

現代人が自分の歯を失くす原因は、5割が歯周病でもっとも多いように
思われていた虫歯は4割と歯周病がもっとも多い割合を占めています。
昔は、歯周病に対する知識も治療方法もなかったため、加齢に伴って
自然と抜けると思われていました。

現在は、歯周病の原因も明らかになり、治療方法も進歩して、歯周病の
進行を阻むことで自分の歯を守ることが可能になってきました。

歯周病の原因は、歯に付着した歯垢の中の歯周病原菌によって引き起
こされる感染症です。虫歯は歯そのものを攻撃しますが、歯周病は歯の
土台が破壊される病気です。

歯周ポケットという言葉を聞いたことがあるのではないかと思うのですが
歯周病原菌は、空気を嫌う性質があり、ジメジメとして奥まった環境を
好みます。

そのため、歯と歯茎の間に歯垢が溜まることで歯茎が腫れて、隙間
を大きくし、放っておくと歯茎の下にある歯槽骨を溶かしてしまいます。
増殖中には自覚症状がないので、気付いたときには、歯を抜かざる
を得ない状況になっているので、定期的なクリーニングをクリニック
で行うことをおススメします。

ゴッソトリノの詳細はコチラ