普通に歩ける幸福

歩くことなんであたりまえのように、病気になるまでは思っていたのです。しかし脳疾患を患って左半身がマヒとなり、入院したとき、車イス生活になってしまったのです。

トイレに行くにも顔を洗うのにも人の手を煩わすことになってしまいそれまでと、生活は一変してしまったのです。しかしこのままでは いけないと必死でリハビリに励んで、少しづつ身体機能も回復していったのです。

 

30代女性が取得するのにおすすめの稼げる資格は?

 

車イスから補助車に変わり退院するころに はなんとか杖をついて、歩けるようになって嬉しかったです。 病気になったときはもう二度と自分の足で歩けないかもしれな とまで、言われていたので絶望していたのです。

 

自分の身の回りのことが介助なしにできることで退院したのですが、自宅に帰ったときまずなによりもしたかったのが、家の近くを散歩することだったのです。 杖で身体を必死で支えながら、500メートルほど歩きおわったとき心から喜びがこみあがって、にんまりしていたのです。 普通に歩けることの幸せを、一人でかみしめていたのです。