脂肪萎縮タイプのニキビ跡だと治るのに最低でも3か月かかるのでとっても憂鬱な気分になる

脂肪萎縮タイプのニキビ跡だと治るのに最低でも3か月かかるのでとっても憂鬱な気分になってしまいます。皮膚科の先生に治療をしてもらおうと思うのですが、そのことを聞いたら夕食ものどを通らないくらい落ち込んでしまいました。

一般的に見ると、この跡は見えなくなりますが、けれども時々何をしても死ぬまで見えなくならない時もできますよね。治らないにきび跡の要因としては、早いうちに適切な処置をして来なかったせいだと言われます。吹き出物とですが、それはあなたの皮膚を痛めたということです。怪我の跡と同じですね。ということは、傷跡が消える傷と明確に残る種類が存在するという点も、このふたつは似ているのですね。肌の凸凹が治るには6カ月はきっと待つものだと言われます。最悪専門医の治療も、もちろん効果がありますが、やはり専門医でもきれいになるかはせいぜい半々というところでしょうか。普段の対応で消せるようなら、極力自分のケアをした方が良いです。また最近は、ワキの剛毛をなんとかしたいので、ミュゼ大森で脱毛をしてもらっています。ミュゼ大森については下記のサイトをご覧ください。
ミュゼ大森で1月に脱毛をする