サワガニは生では食べられない

サワガニって、「せせらぎ」のイメージなんですよ。
山の奥の静かな谷川にカジカが鳴いて、そんな川にいるのがサワガニ。
居酒屋さんでは素揚げしたサワガニをよく注文します。
かりっと香ばしくて美味しんですよね。ビールやお酒の肴には最適です。
そういう印象もあって、わりと小さいカニというイメージだったんですが
さっきネットでみた写真では、思ってたより大きいサワガニも、
けっこういるみたいで、あんなの素揚げされても、ちょっと箸が止まりそう。
自分たちが居酒屋さんで食べてたのは、けっこう小さいサワガニなんですね。
ちなみに、これだけ日本全国の居酒屋さんのメニューにあるぐらいですから
谷川まで行って獲ってきた天然物のわけがなく、養殖ばかりだそうです。
だから大きさも揃ってるんですね。
ところで驚いたのは、サワガニには肺臓ジストマと呼ばれる寄生虫が
いるため、生で食べるのは厳禁ということです。
必ずしっかりと火を通して食べないと危ないみたい。
ということは居酒屋さんの素揚げメニューは私たちが気軽にサワガニを
食べられるほとんど唯一のメニューなのかな?
たしかに居酒屋さんではサワガニの他のメニューは見かけないですね。
ひょっとして高級な中華料理屋さんに行けば何かあるかも。
かにしゃぶ通販