栗原はるみさんの「ぶり大根」を作りました

栗原はるみさんの料理を雑誌で見ていると大根を使ったレシピが多く出てくるので、「家庭菜園に挑戦するなら大根から!」と決めていました。そして今年の春、プランターと大根の苗、肥料を買いました。

初めての大根栽培は、すぐに芽も出て順調でした。支柱がなくて最初は割り箸を使っていました。他の経験者に聞いてもこれで良いとのことでした。長くなって行くもの、途中で伸びないもの、成長率はバラバラだったので、育ちが悪すぎるのは、種を蒔きなおしたりしました。

水の量が結構難しいです。お天気によっては朝晴れて、お水をあげても夕方雨が多くなると必要以上に水がかかってしまいます。一度、家の中にプランターを入れようとしたのですが、意外と土や水で重たくなっていたり、土の表面に虫が多くて、ベランダに置いたままでした。ベランダはそこまで奥行きがないので、どうしても雨が掛かってしまいますが致し方なく、この対応にしました。

その後、豪雨が来たり雹が降ったりして、大根にとって風と必要以上の雨は天敵なのか、倒れてしまいましたが、どうにか矯正して立たせたりしていました。葉と茎が茶色くて知り合いに写真を見せたら「その茎はダメ」とのことだったので破棄しました。雨が入り込まない場所で風も遮られる場所ではないと難しいなと思いました。

それでも何とか収穫できたので、さっそく 栗原はるみさんのレシピを参考に ぶり大根にしていただきました。初めて自分で作った大根は、やっぱり買ったものより美味しくはなかったけど、達成感もあって良かったです。また来年も挑戦してみようと思います。

栗原はるみ流 ぶり大根作り方