食事をしながら痩せよう

ダイエットのために食事制限をする人は多いですが、食事制限のやりすぎはリバウンドのリスクを上げてしまいます。意志力を振り絞ってダイエットを続けていたのに、リバウンドしたばかりに、減った分がふいになってしまうこともあります。リバウンドをしないダイエットをするためにも、たた食事制限をするのではなく、計画的なカロリー制限をするようにしましょう。

一気に体重を減らすのではなくて、毎日決まった時間に体重を計測して、状況を把握しながら食事制限をしましょう。毎日欠かさず自分の体重の記録をつけていくことで、停滞期かどうかを判断することができます。本来、急激な変化は避けたほうが好ましいため、体重が減りすぎた時にはリバウンドするように人体はできています。ダイエットのためにと、食事制限をやりすぎると、生命維持に必要なエネルギー供給が途絶えて、緊急事態が起きていると判断されます。

ダイエットをしていると停滞期になるのは、生命維持のために代謝を落とすホメオスタシスという働きが作用しているためです。停滞期の期間は個人差がありますが、ダイエットを中止して元通りの食生活に戻っても停滞期はすぐには終わらないので、使い切れなくなったカロリーが体脂肪となってしまいます。

ダイエットの進捗状況を記録にすることで、停滞期に入ったことを察知することができますから、精神的に追い込まれずにダイエットができます。数値を管理することができるため、身体に大きな負担のかかる無理な減量など、健康を害するようなダイエットを防ぐことができます。カロリー制限はダイエットを成功させるためにはとても大事なものですが、食事制限をやりすぎるとリバウンドや、健康を阻害する原因になります。モモンヌケアの口コミ【内股のヒリヒリ・黒ずみは解消できる?】