リバウンドと停滞期の関係について

せっかくダイエットをしたのにリバウンドをしてしまったと、困っている人は少なくありません。リバウンドの多くは、停滞期と呼ばれる期間に発生しており、この時の対処いかんで、ダイエットに成功するがどうかの分かれ道になります。

人間の体には、ホメオスタシスという機能が備わっています。この機能があることが、ダイエットで停滞期が発生する理由です。無理なダイエットによって急激に体重が減少すると、身体が危機を感じて正常な状態を維持しようとして、体重が落ちなくなります。リバウンドが発生しにくいダイエットをするためには、食事制限もゆっくりと進めていくことで、体が異常事態だと思わないようにできます。ダイエットを続けて1カ月がたったり、急に体重の5%が減ったりした場合に、ホメオスタシスのスイッチが入るという形になります。ホメオスタシスが機能すると、代謝が下がって体内に取り込まれたエネルギーの消費がゆっくりになったり、カロリーが脂肪として貯め込まれやすくなります。ダイエットした時に訪れる停滞期は、1ヶ月前後はつづくと言われています。どんなにダイエットを頑張っても結果に結びつかなくなりますので、停滞期に入るとダイエットを挫折してしまう人が少なくありません。体重が落ちなくなったからと、この時点でダイエットをやめてしまうと、リバウンドしやすい状態になるので、できれば避けたいものです。停滞期になった体は、いつもよりも食べたものが脂肪になりやすく、エネルギーの代謝効率も落ちているということを、自覚した上で行動することが重要です。ダイエットを成功させるためには、リバウンドに対してどう対策するかが大事です。リバウンドを起こさずにダイエットをするなら、ゆっくりと体重を減らすようにしましょう。
HMBマッスルプレス